ANGYEONG利用規約

本規約は、ディップ株式会社(以下「ディップ」といいます)が運営する「ANGYEONG」( 以下「本サービス」といいます)をご利用いただく全ての方(以下「ユーザー」といいま す)に適用されるものとします。

第1条(本サービス利用上の注意)
1.ユーザーは、本サービスを利用することで、本規約の全ての条項について同意したも のとみなします。
2.Twitterに登録しているユーザーのTwitterアカウントによって本サービスが利用された場 合には、そのTwitterアカウントを保有するユーザーによって本サービスが利用されたものと みなします。当該利用によって生じた全ての結果、責任及び損害等については、そのTwitter アカウントを保有するユーザーに全て帰属するものとします。
3.ユーザーのTwitterアカウントの不正使用によってディップ又は第三者に損害が生じた場 合、そのユーザーは、ディップ及び第三者に対して、その損害の賠償をするものとします。 4.ユーザーのTwitterアカウント及びそれに関わる登録情報が虚偽又は事実に反するもので あることによって、ユーザーが被ったあらゆる損害又は不利益について、ディップは一切の責 任を負わないものとします。
5.ディップは、本サービスにおいてユーザーが投稿または編集した一切の情報(以下「ユー ザーコンテンツ」といいます)につき本利用規約に抵触すると判断した場合には、ユーザーへ の事前の通知または予告なしに、そのユーザーコンテンツの全部または一部を非公開とし、ま たは削除することができるものとします。
6.ディップは、ディップまたは他のユーザーの権利、財産若しくはサービス等の保護または 第三者の姓名、身体若しくは財産の保護等のために必要があると判断した場合、かかる保護の ために必要な範囲内でユーザーコンテンツを裁判所、捜査機関等の公的機関に開示及び提供す ることができるものとします。
7.ユーザーは、一部のサービス及びコンテンツを除き、本サービスを無料で利用できる ものとします。ただし、本サービス利用に伴う通信料金は、ユーザーの負担となります。

第2条(禁止事項)
ユーザーは、本サービスの利用にあたり、次の各号に定めるコメントの投稿及びその他一 切の行為をすることはできません。
①法令、公序良俗若しくは社会通念に反し、または反する恐れのある行為
②犯罪的行為若しくは反社会的行為、またはこれを援助、助長、促進、若しくは関与する 行為
③ディップまたは第三者の著作権、特許権、商標権及びその他の知的財産権、若しくは企 業秘密などの知的財産権を侵害する行為または侵害する恐れのある行為
④ディップ若しくは第三者を不当に差別し、若しくは誹謗中傷し、またはディップ若しく は第三者の信用若しくは名誉、プライバシー権、パブリシティ権、肖像権、若しくはその 他一切の権利を侵害する行為若しくは損害する恐れのある行為
⑤ディップまたは第三者に対して損害又は不利益を与えるおそれのある行為
⑥殺害または傷害等の残虐的、暴力的、グロテスクな写真・画像・動画・その他の表現、 又はその他一般ユーザーが不快に感じ得る写真・画像・動画・その他の表現などに関する 行為
⑦殺人、強盗、その他暴力的行為、自殺、自傷行為、若しくは規制薬物の乱用などの犯罪 または自己加害行為などの推奨、促進、誘発、若しくは助長などとなるおそれのある行為 ⑧児童ポルノ、児童虐待、若しくは性行為や性器等のわいせつ画像等の一切の表現、また は性行為若しくは性行為と同等の表現に関する行為(モザイク処理または美術性の有無を 問わず禁止します)
⑨わいせつ、児童売買春または児童ポルノ等に関するビデオ撮影(修正の有無を問いませ ん)のダウンロードサイト等へのリンク掲載行為
⑩アダルトサイトまたはアダルト商品の販売サイト等へ誘導するリンクの掲載行為
⑪面識のない異性との出会い等を求め、またはそのような出会いを誘導することを目的と する行為
⑫違法賭博、ギャンブルを行わせ、またはこれらへの参加を推奨、誘発、勧誘、または助 長等する行為
⑬その他、未成年者の健全な成長または人格形成等に対して害がある行為
⑭ディップが許可しない商業用の宣伝、広告または勧誘を目的とする行為
⑮アフィリエイトのリンクを含むコメント掲載行為
⑯マルチ商法、無限連鎖講、チェーンメール、リードメール等の他人を勧誘する内容のコ メント掲載行為
⑰個人の住所、氏名、メールアドレス、電話番号、金融機関の口座番号等の個人を特定し うる情報を含むコメントの掲載行為
⑱ウィルス等のコンピュータープログラムに支障をきたすもの、またはワンクリック詐欺 サイト若しくはフィッシング詐欺サイト等の害悪あるものの流布を目的とする内容のコメ ントの掲載行為
⑲第三者の住所、氏名、メールアドレス、電話番号等の個人を特定する情報を取得する目 的の行為
⑳虚偽又は第三者の誤解を不当に招くような情報等のコメントの掲載行為
㉑本サービスの利用にあたり、通常想定される利用の範囲を超え、サーバーに不当に負担 をかけ、若しくはこれを助長する行為、またはその他本サービスの運営、提供若しくは他 のユーザーによる本サービスの利用を妨害し、若しくはそれらに支障をきたす恐れのある 行為

第3条(知的財産権)
1.ユーザーが本サービスにおいてコメントを投稿するTwitter上の各投稿に関する著作権 については、ディップがTwitterから利用許諾を得ています。
2.ユーザーは、本サービスを利用してユーザーによって投稿された文章等(以下、「著作物 」といいます)について、著作権を有します。ただし、ユーザーは、本サービスを利用し投稿 された著作物について、ディップが本サービス又は本サービスと連携するその他媒体・サービ スにおいて利用できることをあらかじめ無償で許諾するものとします。ユーザーは、本項に基 づくディップによる著作物の利用について、著作者人格権を行使しないものとします。
3.ユーザーが本サービスを利用して投稿した文章等の著作権を除き、本サービス及び本サー ビスに関連する一切の情報についての著作権及びその他知的財産権は、全てディップ、ディッ プにその利用を許諾した権利者、またはその権利者にその利用を許諾した権利者等に帰属し、 ユーザーは、無断で複製、譲渡、貸与、翻訳、改変、転載、公衆送信(送信可能化を含みます )、伝達、配布、出版、または営業使用等をしてはならないものとします。

第4条(利用制限)
ディップは、ユーザーの本サービスの利用について、次の各号で定める事由があると判断 した場合、当該ユーザーに対して利用機能の全部または一部の制限を行うことがあります 。
① 本規約に以前違反したことがある者による本サービスの利用である場合
② 本サービスの利用によって、ディップまたは第三者に成りすますことを目的としてい ると判断される場合
③ ユーザーが第2条(禁止事項)に該当する行為を行ったと判断される場合
④ 前各号以外の事由であって、ディップが不適切な利用であると判断する場合

第5条(免責事項)
1.ディップは、事前にユーザーに通知することなく、いつでも本サービスを変更、停止 または中止することができます。ディップは、本サービスの変更、停止もしくは中止、ま たは事件、事故などによる本サービスの変更、停止、または中止により、ユーザーの本サ ービスの利用に支障が生じた場合であっても、ディップはユーザーに対して、一切の責任 を負いません。
2.ディップは、本サービスのサーバに保存されたユーザーがコメントしたTwitterの投稿 内容等のデータについて、その毀損・滅失に備えて複製を行うことはしておりません。ディッ プは、サーバに保存したデータが何らかの事由により毀損・滅失した場合において、それらを 復元することはいたしません
3.ディップは、ユーザーによる本サービスの利用に関連して生じた一切の損害について一切 の責任を負いません。

第6条(ユーザーの責任)
1.ユーザーは、自己の作成したユーザーコンテンツの管理義務を負うものとし、他のユーザ ーからの削除等の要求に対して速やかに対応するものとする。
2.ユーザーは、本サービスを通し、他のユーザーとの間で、または第三者との間で紛争が生 じた場合、当該ユーザーの自己の責任で解決するものとし、ディップ、他のユーザー、または ユーザー以外の第三者が損害を被った場合は、これを賠償する。
3.ユーザーが本サービスを利用に際し、本規約に違反しまたは第三者の権利を侵害したこと によって生じた、ディップに対するすべてのクレームや請求については、ユーザーの責任と費 用負担の下で解決するものとし、これによりディップに損害が生じた場合には、これを賠償す る。
4.ユーザーは、前2項の他、ユーザーによる本サービスの利用によってディップに生じたす べての損害について賠償するものとします。

第7条(規約の変更)
ディップは、ユーザーの承諾を得ることなく、本規約を随時変更することができます。

第8条(管轄裁判所)
本規約に関する紛争については、東京地方裁判所を第一審の管轄裁判所とします。